原宿・銀座で脱毛ならエステティックサロンLAULEA・dione銀座数寄屋橋店へ。全身脱毛、顔脱毛・vio医療脱毛を取り扱っています。

blog

シミ・ソバカス・肝斑の違い

  • 2018年8月20日

【シミ・ソバカス・肝斑の違い】

○老人性色素班(シミ)
シミの境目がはっきりしていて、色も均一で濃いのが特徴。
紫外線を浴び続けることによって生じる老化現象が原因で現れる。
若い頃から日焼けした人ほど出来やすく、早い人は10代から出ます。

○雀卵斑(じゃくらんはん)
通称そばかす。
小さな斑点が鼻を中心に分布。
多くは遺伝性で、紫外線を浴びて日焼けで悪化します。
20代後半から薄くなることも多いです。

○肝斑
頬や鼻の下、額に左右対称にできる少しぼやけたシミ。
30~40代の女性に多く現れ、紫外線だけでなくホルモンバランスの乱れが
関係すると言われています。

○炎症後の色素沈着
年齢に関係なく、化粧かぶれ、火傷、ニキビなどの皮膚の炎症が原因。
紫外線を浴びることで悪化し黒くなることもあるそうです。

全てに共通しているのが紫外線です!
外出する際、日光を浴びる際は紫外線対策をしっかりとしましょう(>_<)

Copyright © エステティックサロンLAULEA・銀座数寄屋橋 脱毛専門サロン Dione All Rights Reserved