原宿・銀座で脱毛ならエステティックサロンLAULEA・dione銀座数寄屋橋店へ。全身脱毛、顔脱毛・vio医療脱毛を取り扱っています。

blog

腸内環境

  • 2018年8月15日

女性の多くが便秘やむくみなどの悩みを抱えていますが、それらのトラブルにも腸が大きく関わっています。
腸に老廃物が溜まったままの状態になっていると、便秘はもちろん、むくみや肥満、腹痛や吐き気を引き起こし、さらには大腸ガンの危険性も・・
腸コンディションを整えるために必要なのは、何といっても正しい食生活。
そこで、まずは『腸を美しく保つために毎日摂りたい、基本の3大成分』をご紹介!
・その1:水
便秘を改善するうえで欠かせないのが水。
便秘が起こる原因は、腸内の水分不足とも言われています。
「それなら水を飲めば解決できる」と安易に考えてはいけません。
大腸に届く水は、わずか飲んだ量の10分の1ほど。
便秘解消のためには、“1日1.5~2リットル”を目標にしましょう。
特に、マグネシウムやミネラルを豊富に含むミネラルウォーターがオススメです。
また、水をガブ飲みしても、体が冷えて逆にむくみなどのトラブルが起こることに。
回数を多く、少量ずつ飲むこと。数回にわけることで、常に腸にも水分がある状態になります。
体の冷えが気になる方は、冷たい水ではなく、ぬるま湯や常温の状態で摂るようにしましょう。
・その2:食物繊維
食物繊維には2つの種類があります。
海藻類などの腸の善玉菌を増やす『水溶性』と、サツマイモや大豆製品などに代表される『不水溶性』。
どちらもそれぞれ、違った効果を持っています。 さつまいもはヘルシーなおやつとしてもピッタリ!
≪水溶性食物繊維の効果≫
・血糖値の上昇を防ぐ。
・コレステロールの上昇を抑え、生活習慣病を予防する。
・海藻類に含まれる『アルギン酸ナトリウム』には整腸作用もあり。
≪不水溶性食物繊維の効果≫
・腸の運動を促進し、便秘を解消させる。
・大腸を刺激し、スムーズな排便を促す。
≪その3:酵素≫
便秘改善のためには『消化酵素』が不可欠です。
体内で消化酵素が不足すると、腸の悪玉菌が増加。
体内で作られる酵素の量は決まっているので、食べ物で摂取する必要があります。
酵素は熱を加えると壊れてしまうので、果物・野菜・お刺身などを生で食べるのがオススメ。
色々組み合わせてオリジナルジュースに!
特に、腸の活動を活発にしたい朝は、果物や野菜をそのままジューサーに入れてドリンクとして飲むと、腸がスムーズに働きだします。ぜひ毎日の習慣にして頂きたいと思います。

Copyright © エステティックサロンLAULEA・銀座数寄屋橋 脱毛専門サロン Dione All Rights Reserved